矯正歯科

歯並びは咬み合わせ、顎の関節への負担、発音、滑舌、見た目、ケアのしやすさ、食べかすの溜まりやすさなどに影響を及ぼします。

したがって、不適切な歯並びは見た目だけでなく、様々な副次的症状や負担を生じさせ、それが長い年月をかけて痛みや機能不全に変化することもあります。適切な歯並びを手に入れ、お口全体の健康を保ちましょう。


成長期に合わせた小児矯正治療

子供の歯並びの変化のタイミングは大人よりも頻繁にあります。永久歯に生え変わる時だけでなく、乳歯の時にも悪化することもあります。歯並びが変化しつつあるときに、少し治療を行えば、顎の成長する力で比較的早く治療を済ませることが出来ます。


予防矯正

予防矯正とは、歯並びの悪化を予防する矯正治療のことです。早期に歯並びの変化に対応していくことで歯を抜いたり、長期にわたり矯正治療を行うことを回避します。

小児矯正は治療後に歯並びが安定しやすく、大人よりも多くの治療の選択肢を持ちます。不正咬合に気付いたら、小学校低学年の内に一度は当院へお越しいただくことをお勧めします。今治療したほうが良いのか、しばらく様子を見たほうが良いのか診断いたします。


大人のための矯正治療

矯正治療は多くの場合が成長期に行いますが、成人になってからも治療を行うことが可能です。
歯並びは口腔内の環境により変わりますので、子供の頃は綺麗でも大人になってから段々悪くなることもあります。




こんなお悩みありませんか?

噛み合わせたときに下の前歯の方が前に出る

噛み合わせたときに下顎の前歯が上顎の前歯の前にくる状態を反対咬合と言います。一般的には受け口と呼ばれています。 受け口の場合は特に、成長前と成長後でアプローチ方法(治療法)が異なります。早い方が治療の選択肢が増えることもありますので、気づいたら一度、矯正医に相談されることをお勧めします。


前歯が突出している

上顎の前歯が前方に傾いている状態を上顎前突と言います。一般的には出っ歯と言われています。この症状は顔立ちに影響を与えること、また前歯をぶつけてしてしまう危険性が高くなることが考えられます。小学校低学年から始められる方が多くいますが、開始時期により取り外しが可能な装置でアプローチできることもあります。


歯がガタガタ

歯がねじれたり、重なったりして生えている状態を叢生(そうせい)または乱ぐいと言います。歯の大きさと顎の大きさの不調和などが原因で起こります。 歯の生え替わりによっては、噛み合わせに影響が出たり、好ましくないあごの成長の原因になることがあります。また将来的に虫歯、歯周病のリスクが高くなることも予想されます。前歯が生えてきて、ご心配でしたら一度、担当医にご相談ください。


歯が内側から生えてきた

乳歯がむし歯になったり、外傷により神経が死んでしまうと、歯根の吸収がうまくいかず、生え替わりが遅れることがあります。そうすると、下の永久歯が乳歯の裏側から出てくることがあります。 通常は乳歯が抜ければ、後ろから生えてきた永久歯が手前に出てきます。もしも乳歯が抜けない場合は歯医者で抜歯を行います。 抜いたほうがいい歯なのか、どうかの判断も大事な診断になります。


歯を抜かずに治したい

当院では、歯は抜いてしまったら元には戻りませんので、なるべく健康な歯を抜かずに治療したいと考えています。しかし、歯を抜かなければできないこともあります。大事なことは、それぞれの症状においてどのように治したいか、そして一番適切な状態が得られる治療法を選択することです。 当院では、皆さま一人一人にあった治療法をメリット、デメリットも含めて提案させて頂いております。


噛み合わせが深い

噛み合わせが深い状態を過蓋咬合と言います。噛み合わせたときに、下の歯が隠れてしまう不正咬合です。 過蓋咬合はあごへの負担が大きく、顎関節症を招くことがあります。

上顎が覆いかぶさっているため、後方への力が働き、顎関節に負担となるためです。また、過蓋咬合が原因で、下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉を傷つけることもあります。 成人の場合は治療が比較的困難になるため、子どものうちに治しておくことをお勧めします。


前歯で噛めない

噛み合わせたときに、前歯が閉じない状態を開咬と言います。理想的な咬合は奥歯から前歯まで全ての歯が噛み合わさるものです。開咬の場合は上下の歯が前方に傾き、前歯が合わさらないため、咀嚼がしにくくなります。

開咬の悪影響は奥歯への負担と前歯の歯周病リスクや揺れの誘発などが考えられます。 舌の癖や指しゃぶりなどが原因となることがあります。悪い癖がある場合には、放置していても改善されることは難しいです。


隙間が空いている

前歯に隙間がある状態を正中離間と言います。一般的にはすきっ歯とも呼ばれています。前歯以外に隙間がある場合は空隙歯列と言います。 生まれつきで発生するものと、舌の癖などで起こるものがあります。生まれつきの場合は歯が小さい、形が悪い、歯の本数が足りないなどが考えられます。

すきっ歯は発音や見た目に悪影響を与え、食べ物が詰まりやすく、歯周病リスクを高めます。 治療には矯正以外の方法もありますので、気になる方は担当医にご相談ください。


矯正治療の流れ

矯正治療は歯だけでなくお口の中の状態を顎の骨なども含めて検査し、状態を把握してから行います。それぞれのお口の状況に合わせた治療を行い、メンテナンスもしっかりサポートさせていただきます。


STEP1 初診・カウンセリング

初診時のカウンセリングでは、お口のお悩み、治療の必要性や適切な治療時期、治療に則した装置、費用について説明致します。
未成年・学生の方は、保護者の方とご来院ください。

STEP2 精密調査

診断・治療計画を立てる際に必要な、歯型の採取、お顔やお口の中の写真、パノラマレントゲン写真、頭部X線規格写真などの撮影を行います。

STEP3 治療計画の説明

歯の模型や検査結果が出たら、患者様にあった治療計画の詳細や治療費などについて、詳しいご説明をします。複数の治療方法がある場合は各方法のメリット・デメリットもお話します。

STEP4 治療開始

治療内容に同意いただければ、いよいよ矯正治療の開始です。治療の進め方は症状によって異なります。矯正装置を装着した後は、毎日行う歯磨きの指導や口腔内清掃が行われます。

STEP4 保定装置装着

装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ元に戻ろうとします。動かした歯を支える歯槽骨や歯周組織が安定するまで、保定装置(リテーナー)を装着します。数ヶ月に1回程度通院して頂きます。

矯正治療に関するQ&A

お子さんの歯並びやかみ合わせに関して、ご心配になられるご両親様は少なくないと思います。ここでは、よくいただくご質問をご紹介しておりますので是非、ご覧下さい。

いつから始めるものなのでしょうか?
ご来院いただいた患者さんの中で、最も質問が多い内容ですが、成長期の矯正に関しての開始時期は、「年齢がいくつから」といった決まりはありません。
それは、歯並びが体の成長に大きく左右されるものだからです。成長のスピードが早い子供さんや、ゆっくりの子供さんがいるように、開始時期に関しては個人差があります。
今、大事なことは今のお口の中の状態を正確に専門家の目で把握して、診断をしてもらうことです。心配なのは、気づいていても何もしないことだと思います。
どのような装置を使うのですか?
矯正といえば、金属色の矯正装置をつけて歯を並べるといったイメージを持たれている方も多いと思います。
成長期の矯正では、自分でつけたり外したりできる特殊な装置を使用しますので、いきなり金属色の装置をつけることはほとんどありません。
しかしながら、当医院では、ひとりひとりにすべてオーダーメイドで装置を作製しておりますのでお子さんによって、多少異なってきます。
どんな矯正治療をするのですか?
成長期の矯正治療では大人の歯(永久歯)がうまく生え変わるようにすることが目的となります。さらに顎の成長バランスをコントロールすることも大切な目的です。
治療方法もお子さんの成長、かみ合わせによりひとりひとり細かく異なってきます。ですので、当医院では虫歯予防や虫歯治療なども含め、矯正専門の先生とチームで治療を行っています。

子供さんの歯並びやかみ合わせがご心配なご両親様は一度相談してみてはいかがでしょうか?
当医院では、日本矯正歯科学会認定医による矯正専門無料相談を行っております。予約が必要となりますので、お気軽にご相談ください。

診療案内
診療科目
  • 薬で治す歯周病
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 薬で治す虫歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 妊娠中の方へ
  • バクテリアセラピー
  • 訪問歯科
症例のご紹介
患者様体験談
スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
ページトップへ