小児歯科

親御さんの中には子供の頃、歯医者さんによく通った記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは、歯磨きが不充分だったほかに、乳歯が虫歯になりやすい歯でもあったからなのです。

乳歯のエナメル質の結晶粒子は永久歯と比べて小さく、厚さも薄いため、より虫歯に浸食されやすい状態になっています。乳歯はなるべく虫歯にならないように、永久歯に変わることが大事です。


お子様のお口の健全な発育をサポート

薬で治す虫歯では虫歯治療を主に対象としていますが、小児歯科ではお子様の日々成長する顎や歯が適切に機能できるようにサポートすることを主眼としています。

そのため、虫歯の有無、かみ合わせ、永久歯への生え変わり具合など歯と顎の発育具合を検査し、治療を行います。
乳歯には永久歯へバトンタッチするための場所を確保するという役目がありますので、「どうせ生え変わるから」とケアを疎かにせず、しっかり虫歯予防しましょう。


乳歯を虫歯にさせないために

虫歯を防ぐには細菌が繁殖しないように気を付け、寝る前に食べたり、間食をずっと採ったりしないことが大事です。また、その他に歯質を強くすることも、エナメル質の弱い乳歯を守るために大切です。乳歯の虫歯予防のために以下の治療も行っております。


フッ素塗布

海外では水道水にも添加されているフッ化物を、生えたての乳歯に反復的に塗布することで虫歯予防の効果が得られます。歯磨き粉のパッケージなどで「フッ素配合」という文字を見ますよね。このフッ素には抗菌作用があり、再石灰化を促進します。


MIペースト

リカルデント(CPP-ACP)という成分をご存知ですか?牛乳由来で、お口の中を中性にし、溶け出したミネラル成分を歯に戻してくれる成分です。当医院では、このミネラル成分をいっぱい含んだ「MIペースト(商品名)」をクリーニングの後に使用しています。メロン・イチゴ・バニラ・ヨーグルト・ミントが味があります。


シーラント

虫歯がよく発生する部位は、歯間、歯と歯ぐきの境目(歯肉溝)、奥歯の溝です。なかでも奥歯の溝は特に構造が複雑なため、食べかすの磨き残しが虫歯の原因となります。そこで生えたての奥歯の溝をシーラントというプラスチックの一種で埋めることで、食べかすが入り込むのを防ぎ、虫歯の発生を防ぎます。


診療案内
診療科目
  • 薬で治す歯周病
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 薬で治す虫歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 妊娠中の方へ
  • バクテリアセラピー
  • 訪問歯科
症例のご紹介
患者様体験談
スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
ページトップへ