• ホーム
  • 診療案内:薬で治す虫歯

薬で治す虫歯

毎日の食事やおやつを食べる際に使う器官である歯は、虫歯などで痛み始めると、常に痛みを生じさせ、日常生活に支障を来します。
また、永久歯は生え変わることもないため、一度虫歯になってしまい削ることを余儀なくされると、元の歯には戻りません。

虫歯はきちんと治療をし、予防すれば発生を防ぐことが出来ます。
虫歯の治療はまず、薬で治す虫歯にて行います。


虫歯のでき方

虫歯はどうしてできるのか知っていますか?
食べ物の磨き忘れのせいでしょうか?
それとも虫歯菌の発生のせいでしょうか?
虫歯ができる原因を知り、予防に役立てましょう。


01

口の中の虫歯菌が歯の表面に付着します。
そこで食べ物の残りカスに含まれる砂糖を分解し、
デキストランという成分を排出します。


01

デキストランは歯垢を形成し、
この歯垢が歯の表面に蓄積されていきます。
蓄積された歯垢は粘着性のあるバイオフィルムという膜を形成します。


01

虫歯菌がバリアのようなバイフィルムの中で発酵を
行うことで乳酸を産生し、この乳酸が歯のエナメル質の脱灰を促し
歯を溶かします。


削るだけじゃない虫歯治療、ドックズベストセメント

アメリカで開発され、日本では自由診療となる虫歯治療があり、その治療法をドッグスベストセメントと言います。

銅の殺菌力を利用し、それまで抜髄していたような虫歯において薬剤を塗布し、一定期間蓋をし、殺菌・硬化することで歯を残すことが出来るという治療です。
虫歯を削り、被せ物をするという治療はもちろん虫歯治療の王道ですが、抜髄は著しく歯の寿命を低下させます。
そんなときに根管治療のほかに、今ではドックズベストのような治療法も今ではあるのです。


被せ物をして、治療したのに虫歯に?!

虫歯部分を削って、被せ物や詰め物をしても、その内部で再発・悪化することがあります。

この原因は磨き残しと被せ物と歯の間に発生した隙間から侵入した虫歯菌にあります。 保険治療の金銀パラジウムによる被せ物は、適合性にあまり優れておらず、長年使っていると隙間ができやすくなります。金銀パラジウムから適合性の高い被せ物に変えたい方は、当院の審美歯科をご利用ください。


診療案内
診療科目
  • 薬で治す歯周病
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 薬で治す虫歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 妊娠中の方へ
  • バクテリアセラピー
  • 訪問歯科
症例のご紹介
患者様体験談
スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
あわーず
ページトップへ