入れ歯

歯を失った場合、インプラント治療の登場前からあった義歯治療は入れ歯やブリッジでした。

ブリッジとは抜けた歯がまだ1、2本くらいのとき、その前後の健全な歯を利用して橋を渡すようにダミーの歯を作って噛めるようにするものです。
入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。


歯を失ったままにしておくと歯並びの悪化のおそれ

歯が一本なくても、何とか食事は可能かもしれませんが、歯がないままにしておくと、噛み合せの歯が段々突出してくる延出という現象や、近隣の歯が傾斜することが起こり得ます。

また、歯のない状態が長く続くと、顎の骨は吸収され、なくなっていきます。そうすると、治療を始めようとしたころには、更に他の部分の治療も必要になります。歯の喪失により、連鎖的に起きるかもしれない変化を入れ歯治療で未然に防ぎましょう。


入れ歯の種類

コバルトクロム床

比較的安価で提供することが可能な材料です。金属が持つ高い強度によって床を薄く製作でき、高い熱伝導率により飲食物の温冷を感知しやすいことが特長です。

チタン床

大変軽く、柔軟性があり、インプラントの材料としても使われるほど生体親和性が高いチタンが材料です。金属床の中で最も薄いため、装着感も良好で、安定性もあります。

ゴールド床

補綴材としても優れているゴールドは高価にはなりますが、床の材料としても加工が行いやすく、腐敗しにくいという特徴を発揮します。

ノンクラスプデンチャー

金属製のクラスプ(歯を支える金具)がないタイプの入れ歯で、目立たないため審美性に優れています。弾力性があるので、装着時に違和感がありません。

診療案内
診療科目
  • 薬で治す歯周病
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 薬で治す虫歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 妊娠中の方へ
  • バクテリアセラピー
  • 訪問歯科
症例のご紹介
患者様体験談
スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
あわーず
ページトップへ