審美歯科

歯は食物を咀嚼する器官であると同時に、顔という最も他人に見られる体の一部分でもあります。

そこで問題になるのが見た目、審美性です。歯科医療技術の進歩と共に、歯科審美治療の技術も向上し、補綴も様々な種類があります。


銀歯は体に悪い?

現在、歯科で一般的に使用されている歯科用金属の代表は、金銀パラジウム合金です。

その成分は、金12%・パラジウム20%とJIS規格で定められていますが、それ以外に銀が約50%・銅が10%含まれているので、実際のところ金銀パラジウム合金というよりかは、銀合金といったほうが正確です。


金属アレルギーは突然発症

この金属が与える体への影響の代表的なものは、歯科金属アレルギーです。

いま、アレルギー症状がないので安心かというと、そうではなく、実はほとんどの歯科金属アレルギーの患者さんは、ある日突然発症するのです。それは徐々にイオン化して溶け出したパラジウムが体に蓄積し、やがて発症するからなのです。今現在、ドイツやスウェーデンでは、安全性に問題があるとしてほとんど使用されていません。ご自分のお口の銀歯についてご心配な方は、是非お気軽にご相談ください。


補綴材は用途に合わせ、色々

補綴物は高ければいいとは限らず、「適合性が高く、自然歯と同じくらいの硬さがある」補綴物が一番長持ちし、2次虫歯にもなりにくいと言えます。
当院では以下の補綴物をご用意しております。詰め物を変えようか迷っている方やお悩みがある方はご相談ください。

ラミネートベニア

セラミック製などのごく薄いシェルを、削った歯の表面に付けることで、色や形を審美修正することが出来ます。付け爪のような感覚の審美歯科治療です。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜた材料でできています。セラミックよりも柔らかいため、オールセラミックよりも歯にダメージを与えにくい特徴があります。

オールセラミック

透明感や長く続く白さ、硬さを備えもった審美性の高いセラミック製です。表面に歯垢が付きにくいため2次虫歯になりにくいという特徴があります。

ゴールド

金合金や白金加金などの貴金属性で、ほとんど錆びません。色は目立ちますが、加工精度がとても高く、自然歯への適合が良いのが特徴です。


ホワイトニングで、もうステインも気にならない

私たちは毎日の食卓には着色料の入った飲食物がならび、休憩の際には歯を着色する嗜好品を満喫します。このような食生活では、よほど歯磨きを気をつけなくては、つい目を引くステインで汚れた歯になってしまいます。


歯磨きでは手に入らない白さ

ホワイトニングは過酸化水素によって、歯の着色有機質に対し化学反応を起こすことで、歯の無色化を促すことで白く見えるようにする技術です。

そのため、研磨剤入りの歯磨き粉で着色料を落とす歯磨きとは違うメカニズムによる白さが手に入ります。着色汚れで歯を見せるのが恥ずかしという方は、是非ご相談ください。


症例紹介

オールセラミックを使った虫歯治療


オールセラミックを使った虫歯治療②


オールセラミックを使った虫歯治療③


歯石やプラーク対策によるオールセラミック治療


オールセラミックを使った虫歯治療④


オールセラミックを使った虫歯治療⑤


オールセラミックを使った虫歯治療⑥


診療案内
診療科目
  • 薬で治す歯周病
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 薬で治す虫歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 妊娠中の方へ
  • バクテリアセラピー
  • 訪問歯科
症例のご紹介
患者様体験談
スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
あわーず
ページトップへ